May 15, 2017

婦人科の病気の経験がある方に食べてほしいもの

婦人科の病気、様々あります。

 

子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫などがよく耳にする病名でしょうか?

 

こういった婦人科の病気になりやすい体質の方の特徴として次のようなことが挙げられます。

 

それは・・・

 

 

血の巡りが弱い、ということです。

 

中医学の用語で言うと「血瘀」になります。

 

この血瘀があると、婦人科の病気の原因となることがあります。

 

 

実際、私が過去にセッションをさせていただいたお客様のうち、

 

「血瘀っぽいなぁ」と思った方は問診の最後に既往歴をお伺いすると

婦人科の病名を仰る方が多いです。

 

こんな時に有効な食材といえば・・・

 

 

色々ありますが、一つはみなさんが使いやすい玉ねぎです。

 

玉ねぎには血液をサラサラにする効能があると言われていたりしますが、

薬膳的にも血の巡りを良くしてくれる食べ物として認識されています。

 

ちなみに、この血瘀がある方は生理痛があることも多いです。

中医学では生理痛の原因のほとんどが血瘀であると考えます。

(生理痛が生理前から3日目くらいまでがピークの方。

後半に生理痛が来る方はまた別の原因があると考えます。)

 

 

なんとなく、体質的に心当たりのある方、玉ねぎをたくさん登場させるだけで

改善につながるかもしれなかったら、試してみたくないですか?

 

ぜひ食卓に頻繁に登場させてみてください。

 

ちなみに、玉ねぎは身体を温める温性の食べ物です。

温性の食べ物ばかりが向かない体質の方もいますので、ぜひ熱をとる食べ物も食べてバランスをとっていただきたいです。

 

どの食べ物が、温めるのか、熱を取るのか・・・・

 

3日に1回ゆる~く送られてくる無料メール講座でぜひ学んでください♪

(60種類ほど送られてきたらおしまいになるメルマガみたいなものです。現在680名の方にご登録いただいております。)

 

 

関連記事

Comment





Comment